京セラフィロソフィという本を購入しました。

51fTx-r678L._SS400_

 

稲盛和夫さんの「京セラフィロソフィ」が一般にも発売されたので、購入しました。

 

稲盛和夫さんといえば、ベンチャーの神様と呼ばれています。

 

京セラはもちろん、他にもあのソフトバンクの孫正義さんより先、今から30年以上も前に、

NTTに競合する電話会社として、第二電電株式会社(現在のKDDIの前身)を創業されたことで知られています。

 

最近では破綻した航空会社のJALを再建。過去最高益を達成しV字回復させたことは皆様の記憶に新しいのではないでしょうか?

 

第二電電もそうですが、今回のJAL再建についても、誰もが二の足を踏む状況の中、名乗りを上げ圧倒的な結果を残すというのは、並大抵では出来ないことだと思います。

一代で作り上げたグループ関連企業の売上は4兆円以上と、現役では日本最高の経営者の一人といっても決して過言ではないでしょう。

 

そのJALの再建のために力を発揮したのが、企業にとって最も大切な理念を共有するための「JALフィロソフィ」だということです。

その元となる京セラの理念共有のために社員用に配布されていた小冊子「京セラフィロソフィ」が、今回わかりやすい解説つきで、一般向けに発売されたのです。

 

内容は、ごくごく当たり前のことばかりですが、やはりそういう当たり前のことを継続して実行していくことが、ビジネスにとって一番難しいということを改めて感じました。

料金システム改定のお知らせ

平素はスタイルグループをご愛顧いただきまして、厚く御礼申し上げます。

 

お客様におかれましてはご周知のとおり、平成26年4月1日から消費税法改正が実施されます。

 

スタイルグループの経営母体は法人企業であり、運営している各店舗は課税事業者として、お客様からお預かりした消費税を毎年正しく納税しております。

 

課税事業者にとって消費税増税は企業の存続にもかかわる重要な問題で有ります。

 

当グループも不況にも耐え、常にハイクオリティーのサービスを考えながらも、出来る限りの低料金で営業しておりました。

 

しかしながら今回の実施を受け、これ以上現在の料金体系の中で、当グループが消費税を負担する事が困難となり、料金改定の運びとなりました。

 

店舗運営にかかる費用(新規のお客様への営業広告費、質の高いコンパニオン・男子従業員を確保するための求人広告費、備品、家賃、駐車場代)すべてが値上がりするためです。

 

もちろん料金の改訂はご利用くださるお客様にとっても大きな問題になる為、慎重に検討した上での決定となります。

 

スタイルグループではこれからも今まで以上にお客様にご満足頂ける事を一番に考え営業致します。

 

現在派遣させて頂いているコンパニオンのレベルを一切下げることなく、質の高いコンパニオンの確保やサービスの向上をお約束させて頂きます。

 

従業員の指導も徹底し、皆様に愛されるお店作りを継続していきます。

 

さらに今回の料金改定に伴い、納税は勿論、更に良い女性を当グループに集めるための求人広告費を追加させて頂こうと考えております。

 

皆様にご協力をいただく以上、皆様と共により良いお店作りをしていければと心から考えております。

 

平成26年4月1日より下記の料金に改訂させて頂きます。

 

【JKスタイル】変更後の料金システムはこちら

【OLスタイル】変更後の料金システムはこちら

【エロウトスタイル】変更後の料金システムはこちら

 

何卒ご理解、ご協力頂き、今後とも当グループをご愛顧賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

 

スタイルグループ代表

世界流通・販売量世界第1位のトマトケチャップ

少し前のお話しですが、ウォーレン・バフェット氏の投資会社バークシャー・ハザウェイがPE大手3Gキャピタルと組んで、ケチャップで有名なハインツを買収しました。

 

blog_import_52063e12e8f4e

買収額は232億ドル(約2兆1000億円)、債務を含めると280億ドルとなり、米大手食品業界の買収としては過去最大規模になるそうです。

バフェット氏いわく「ハインツはハイクオリティに裏打ちされた強く、持続性のあるビジネス。その価値を拡大していくためのパートナーシップを築くことをうれしく思います」とコメント。

 

blog_import_52063e13cc3bf 

 

少々違和感があり、調べてみたところ、ケチャップの国内シェアは、カゴメ(50%)と「デルモンテ」ブランドのキッコーマン(30%)の2社が多くを占め、世界最大手のハインツは日本では約3%と苦戦しているのが現状・・・だそうです。

やはり欧米の大味なケチャップは、日本人の繊細な舌には合わないのでしょうか・・・

ちなみにバフェット氏といえば世界4位の億万長者ですが、成功要因について以下のように話しています。

 

Q.自分を今の地位に導いてくれたものは何か?

 

「残念ながら答えはIQじゃない。一番大事なものは合理性だ。
私はいつもIQや才能をエンジンの馬力に、合理性をエンジン効率(実際の出力)にたとえて話をする。
400馬力のエンジンを持っていても100しか出せないよりは、200馬力の能力でも全てを出力できる方が結果は良いに決まっている。
才能ある人達が持てる能力を発揮できずにいるのはなぜか?
それはその人、個人の習慣や性格、考え方が障害となっていて、そのために合理的な考え方をしていないからなんだよ。」

「ゲイツとバフェット世紀の対談より」

 

 

出力側に問題があるという視点がおもしろいですね。
たしかに年齢を重ねるほど、習慣・性格・考え方は邪魔になることが多い気がします。
自分の成長を妨げているのも自分自身です。常に自分を律するという姿勢が大切だと私も思います。